シンポジウム「人々はなぜ紀伊国を訪れたのか」
和歌山が紀伊国(紀州)と呼ばれていた時代、人々は何を目的に、また何に惹かれて、かくも足繁く紀伊国を訪れたのでしょうか?歴史・宗教・歴史地理(交通)・文学、それぞれの分野からその実態に迫り、それを現代の和歌山の賑わいに向けてどう活かすか、縦横に語り合います。

日時:平成31年2月17日(日)13:30〜16:30
会場:和歌山市南コミュニティセンター 多目的ホール
    (和歌山市紀三井寺856番地) 
参加費:無料
定員:150 名(※定員になり次第、締め切らせていただきます。)

パネルディスカッション
コーディネーター   藤井保夫氏(日本考古学協会員)
パネリスト  山陰加春夫氏(高野山大学名誉教授)
小山譽城氏(和歌山信愛女子短期大学非常勤講師)
長谷正紀氏(関西大学非常勤講師)
          村瀬憲夫氏(近畿大学名誉教授)

主催 紀の川流域文化遺産活用地域活性化協議会
共催 紀伊万葉ネットワーク・NPO 法人 市民の力わかやま
後援 和歌山県・和歌山県教育委員会・公益社団法人 和歌山県観光連盟・和歌山市・和歌山市教育委員会・紀の川みち広域観光連絡協議会
チラシ裏面の申し込み欄に必要事項をご記入のうえ、FAXでお申込みいただくか、お名前、ご住所、電話番号および「シンポジウム参加」と明記のうえ、はがき、 E-mailでお申込みください
開催日時 2019/02/17 (日) 13:30 〜 16:30
開催場所 ( )
和歌山市南コミュニティセンター 多目的ホール
参加費用 無料
申込み方法 [ 事前申込み必要 ]
主催者 紀の川流域文化遺産活用地域活性化協議会
問合せ先 紀の川流域文化遺産活用地域活性化協議会
関連サイト  
画像  
備考  
分野 歴史・文化・芸術・芸能 フォーラム・シンポジウム
入力者 紀の川流域文化遺産活用地域活性化協議会
情報元 主催者
  情報登録者は編集と削除が出来ます→編集/削除