この主催者の開催イベントを表示
主催者名 紀伊どっとこむ
ふりがな きいどっとこむ
分類 その他
所在地 和歌山県田辺市龍神村小家 972-36-2C
設立の経緯 和歌山県に限らず紀伊半島全域の地域資源を対象に、地域活性化、21世紀型のネットワークコミュニティを編成。
Web2.0など新しいコミュニティ技術を導入し、専門的で役に立つコンテンツを監修・掲載。
代表者名 森田 進
担当者名 河野 美里
連絡先TEL 0739-77-0280
FAX --
メールアドレス morita@zav.att.ne.jp
ホームページ  
スタッフ募集  
活動内容 はじめまして、和歌山県田辺市において、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の啓蒙・普及活動に取り組んでいる森田 進(環境デザイナー・エコツーリズム及び森林セラピーのコンサルタント) と申します。

和歌山県では、2006年より「和歌山県世界遺産マスター」の制度を設け、かなり広い地域に渡る「紀伊山地の霊場と参詣道」について、官民が一体となって保全啓発活動を展開する活動を展開しております。

私(森田/「紀伊どっとこむ」主宰)は昨年よりこの世界遺産マスターに認定され、以来、各種活動に取り組んでまいりました。

このたび、これまでの経験と探求活動をもとに、来る3月2日(日曜)に「世界遺産センター(本宮行政局内)」におきまして、『熊野、高野に見られる風水の循環形態・縄文のスピリット』と題するセミナー講演の機会を与えられましたので、ご案内申し上げます。

はじめてのeメールメッセージでご相談を申し上げるのは、若干、気後れしないでもありませんが、

「紀伊山地の霊場と参詣道」という世界遺産が本質的に持っている広域性と、日本古来から受け継がれ、現代でも民俗や価値観に投影が見られる「縄文的な文化」、そして、21世紀を迎えた現在、新しく生まれ変わろうとしている「風水」の概念という、これまであまり試みられなかった視点で、「熊野古道」、「吉野・熊野」をとらえ直すセミナーを企画いたしました。

下記の内容で、お知らせ〜イベント情報を告知させていただきます。

なお、今回のセミナー企画に限らず、「紀伊どっとこむ」という地域ポータル(和歌山県に限らず紀伊半島全域を対象)の編成や監修、イベントの提携など、幅広くパートナーシップを築けていけることを願っております。

以上、今後ともよろしくお願い申し上げます。

================================================
世界遺産マスター 連続講座シリーズ 第3回
『熊野、高野に見られる風水の循環形態・縄文のスピリット』
================================================

● 時間:13時00分から14時30分まで
● 会場:和歌山県世界遺産センター交流スペース
● 申込:当日会場で受付・入場無料(定員40名)

 お気軽にご参加ください。

 世界遺産センター(田辺市本宮町)へのアクセスは下記ページでご覧いただけます。

http://www.sekaiisan-wakayama.jp/center/access.htm


● 講演内容:


[1] イマジネーション/インスピレーションを刺激する吉野・高野・熊野

 風水・縄文と世界遺産が密接に関係する理由
 神話的思考とは
 天地創成神話で異界を演出する神楽


[2] 今、なぜ「縄文」か?

 現代に継承される縄文的な儀式:神楽〜隼人舞
 修験道、修験道場の基底を流れる縄文的な精神・霊性(スピリッツ)
 熊野における縄文的自然に宿る神々
 神仏習合/和光同塵の先駆、空海
 母なる空海という仮説


[3] 新たな生まれ変わり、変容を遂げつつある「タオ」、「風水」

 タオイズムがわからなければ日本はわからない
 多元的な形態をとるタオイズム(道教)
 山環水抱図(山環水抱、蔵風聚水、負陰抱陽の地勢)
 山水画=山々と水・川を眺めるための絵画様式
 結界と風水
 日本のあらゆる文化芸能宗教まで浸透している陰陽道
 侘茶・草庵・枯山水


[4] 強力な「龍脈・結界」によって守られている日本

 熊野の霊魂思想と“水”、“海原”は密接に関係している
 琉球:風水によって築かれた王城
 その他代表的な龍脈の事例
 (大和三山、大藤原京、屋久島、富士山、白山、出羽三山の事例など)


[5] 高野・熊野と風水

 高野・熊野は仏教に於ける循環の構図を現している
 風水・常世観で熊野を観る
 風水の方位、常世の輪廻観で熊野を観る
 風水の現在と警鐘
 熊野の海の彼方に補陀落浄土
 三輪山と伊勢をつなぐ天照大神の道=女性エネルギー・ロード


[6] ”神話”、”神道”について

 南方熊楠が発見した世界最古のシンデレラもの語り
 記紀神話・日本史
 日本と同じ稲魂(いなだま)信仰、擬死再生信仰を持つミャオ族


[7] 「紀伊どっとこむ」の活動紹介

 その他


================================================
和歌山県田辺市龍神村小家 972-36-2C
「紀伊どっとこむ」主宰
地域振興・エコツーリズムコンサルタント
国際印刷大学校客員教授
環境デザイナー/環境音楽プロデューサ

森田 進
пF0739-77-0280
morita@zav.att.ne.jp
================================================
情報登録者は編集と削除が出来ます→編集/削除