この主催者の開催イベントを表示
主催者名 陸奥宗光 外務大臣」の功績を教育に活かす実行委員会
ふりがな むつむねみつがいむだいじんのこうせきをきょういくにいかすじっこういいんかい
分類 その他の団体(ボランティアグループ、任意団体など)
所在地 和歌山太田二丁目14番地の9 太田ビル602
設立の経緯 陸奥宗光外務大臣は、明治27年7月16日に日英通商航海条約(不平等条約:領事裁判権撤廃、関税自主権の一部回復、最恵国待遇の相互化)を調印しました。江戸幕末に調印させられた不平等条約を改正(撤廃)することが、維新以来の明治政府の悲願でした。この条約がなければ、今の日本はなかったかも知れません。近代日本の外交の礎を築いた陸奥伯ですが、その反面、県民にはその偉業を知る人が少ない。陸奥伯のような偉人・先人の史実を学び、人間の強さや懸命に生きることの尊さ、命の大切さを感じることにより、大人も子供も“誇り”が芽生え、未来への“希望”となります。こうしたことを学ぶ場として、シンポジウムを開催することとなりました。
代表者名 「陸奥宗光外務大臣」の功績を教育に活かす 実行委員会
担当者名 臼井 康浩
連絡先TEL 073-472-5619
FAX 073-476-4589
メールアドレス info@munemitsu-hokori.org
ホームページ http://munemitsu-hokori.org
スタッフ募集 募集あり
活動内容 平成28年7月16日(不平等条約を改正した日)に、「陸奥宗光外務大臣」の功績を教育に活かすシンポジウムを開催します。

単発的なイベントに終わらず、陸奥宗光伯の苦難なれど輝かしい軌跡を現代に活かし、強くたくましく、そして思いやりのある爽快な社会環境となるように、継続した活動を試みます。
情報登録者は編集と削除が出来ます→編集/削除