この主催者の開催イベントを表示
主催者名 NPO和歌山子どもの虐待防止協会
ふりがな わかやまこどものぎゃくたいぼうしきょうかい
分類 NPO法人
所在地 和歌山市六番丁43番地ハピネス六番丁ビル5F
設立の経緯 和歌山県での虐待に対する取り組みは1994年1月の和歌山被虐待児症候群対策委員会設置に始まります。公的機関を中心に多職種からなる委員会でスタートしました。被虐待児の実態調査、連絡網の樹立、虐待予防対策などを行ない、1998年9月には、日本子どもの虐待防止研究会・第4回全国集会を開催するなど大きな成果を上げてきました。 活動を通じて、虐待はけっして特殊な問題ではなく、母親や養育者の育児に関する悩み、不安など誰にでも身近におこる問題であること、そしてまわりに一緒に考えたり、援助する人がいないなど、養育者が孤立状況におかれていることなどを経験してきました。「子育ては社会でする」という観点に立ち、子どもに関係する専門家だけでなく、一般市民、地域の方々の参加によって子どもの虐待に対応するという趣旨で、2000年3月18日、民間団体として「和歌山子どもの虐待防止協会」が設立しました。
 会員241名(平成15年5月31日) 
代表者名 桑原 義登
担当者名 木下 顕次
連絡先TEL 073-446-6724
FAX 073-446-6724
メールアドレス sp-k2.sh30005@pony.ocn.ne.jp
ホームページ http://wspcan.jp
スタッフ募集  
活動内容 オレンジリボン運動、人権フェスタでの周知活動や、子育て支援に関する各種の公開講演会や相談会、3・11被災避難者支援の集いなど。
情報登録者は編集と削除が出来ます→編集/削除